読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢海老のロブ

カメラや家族、旅行と書いていく、日々の備忘録。

独り忘年会一軒目 【太郎丸】

非表示 雑記 静岡

日曜日の昼下がり。僕の心はこんな感じです。

f:id:piyopiyoro0:20151130071205j:plain

なんか、寂しいんですよ。本当に家に一人って寂しいね。家族の荷物があるせいで、虚しさ倍増ですよ!しかし今しかないこの時間!一人でしか出来ない事をしようと思い、一人忘年会を決行しました(笑)
 

ただの独り飲み

とは言っても、ただ独りで飲んでみたかっただけです、はい。僕今まで独りで居酒屋入ったことないんですよね。って言うか、お一人様って無理なタイプなんですよ。吉牛みたいな所でも入りづらくて、「注文するまでのシステムが分からんから、無理!」って感じです。お店の人に聞けばいいじゃん!って思うんですが、知らない人と話すのはちょっと...みたいな。
 

昼から営業してない

f:id:piyopiyoro0:20151130071334j:plain

居酒屋で昼から営業してるところってあんまり無いですよね。せっかく駅まで着たけど、このままじゃ無駄足ですよ!とりあえず、歩きまくってたら、午後3時から営業してるところを発見!しかし、如何せん僕にはハードルが高すぎる!めちゃ緊張するぞ!ちょっと変な汗出てきたし、なんだか手も震えてるような…。店の前でブラブラして迷ってる姿は、さながら金のないアル中のように思われたかもしれません。
 

入ると案外ふつう

f:id:piyopiyoro0:20151130071418j:plain

「とりあえず生(震)」とビクつきながら、なんとか注文。でも注文しちゃえばこっちのもんですね。普通に飲み食いできます。常連さんもいるようで、テレビから流れる競馬のファンファーレがなんだか新鮮です。ちなみに入った店の名前が「太郎丸」って名前で、ちょっと五郎丸的なものを感じますが、ここは以前から太郎丸なので関係ないですね。串が充実してて、やきとりはなかなかの味でおいしくいただけました。

 

よーし、なんか調子に乗ってきたから、もう一軒行ってみるかな!と心の中で叫んだロブでした。

 

居酒屋を極める(新潮新書)

居酒屋を極める(新潮新書)