読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢海老のロブ

カメラや家族、旅行と書いていく、日々の備忘録。

超初心者の僕がQ7で新幹線を撮ってきた@浜松駅

Q7

f:id:piyopiyoro0:20160926051533j:plain

どうも、駅巡りが好きなロブです。

僕は撮り鉄ではないのですが、「鉄道写真も取ってみたいなぁ」と前から思ってました。色々調べてみると、浜松駅は駅のホームから新幹線が撮れる、初心者向けのスポットとして有名らしいので、この前行ってきました。

 

いざ、入場

 

f:id:piyopiyoro0:20160926052029j:plain

全然知らなかったんですが、普通に券売機で入場券売ってるんですね。たかだか駅のホーム行くだけに140円もかかるのかよと思いますが、これで2時間時間がつぶせるのなら、とてもお得なエンターテイメントだと言えます。

 

f:id:piyopiyoro0:20160926052336j:plain

浜松の主要産業を展示しているコーナーがあり、改札を通ると、車やバイク、ピアノがお出迎えしてくれます。

 

結構ムズイ

 

f:id:piyopiyoro0:20160926052556j:plain

ぶっちゃけムズイですね。時刻は夕方5時過ぎ。しかもペンタックスのQ7に06 TELEPHOTO ZOOMを取り付けて、しかも手持ち(笑)

まぁ、いきなり本格的な装備で行くのは気が引けるので、今回はお気楽な感じで出陣しましたからね。

 

f:id:piyopiyoro0:20160926053123j:plain

手ぶれと戦いながら撮ってましたが、僕的には全然面白くて、何となく鉄道写真にハマる人の気持ちが分かった気がします。

 

f:id:piyopiyoro0:20160926053309j:plain

轟音と共に高速で通過していく新幹線もカッコいいね!

 

f:id:piyopiyoro0:20160926053408j:plain

HDRな感じに現像してみたら、空がめっちゃ紫色に仕上がった作品(笑)これはこれでありか?

少し雨が降っていたせいなのか、新幹線のボディーがつややかで、なんだか艶めかしさを感じたのは内緒の話です。

 

 

f:id:piyopiyoro0:20160926053707j:plain

とりあえず、1時間ほど写真を撮って、本来の目的である会社の飲み会へ向かったロブでした。

 

 

撮り鉄の教科書 (Gakken Camera Mook)

撮り鉄の教科書 (Gakken Camera Mook)