読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢海老のロブ

カメラや家族、旅行と書いていく、日々の備忘録。

今年は家を追い出されたり、不協和音が流れたりしたけど、すべてはこの日のための伏線だったのか!!!

雑記

長いタイトルですがそういう話です。

ある日突然妻に距離を置こうといわれたり、娘に夫婦の仲を取り持ってもらったりした一年でしたが、今現在妻と娘は実家に帰ってもらってます。

f:id:piyopiyoro0:20151211074324j:plain

一応妻の実家が引っ越ししたので、妻の「実家に住んでみたい!」とう要望をかなえる形になってますが、僕的には「さんざん言っといて、しばらく実家で落ち着けや!」みたいな雰囲気も出つつ独身貴族ライフを満喫してました。そしてこの間結構な事件があったんですが、やっと確定的になってきたのでここに記録として残せる次第です。実はこんなことがあったんですよ。

 

のろ

http://mainichi.jp/articles/20151209/ddl/k22/040/077000c

簡単に言うと、出○殿で11/29ノロ発生→12/8営業停止。つまり営業停止までの間は営業中なんですよね。で、その営業期間中にうちの会社のとある集いがあったんですよ。そりゃ、原因がハッキリするまで行政的な処分もできないし、出○殿も予定をキャンセルできないですから、そこはまぁ仕方ないんですが、その集いに僕も呼ばれてたんですよね。しかし、独身貴族の開放感から「いやいや、俺行かないよ!一人を充実させるよ!」みたいな感じで行かなかったんですよ。そしてそのあと会社に行ったらえらいことですよ!参加者の半分ぐらいは体調不良で会社欠席してるし、色々慌ただしいし。あっ、別に出○殿の対応は問題なかったです。自分たちでちゃんと保健所にも通報してたし、結果が出る前から医療費の支払いもしてくれてました。そして、奇跡的にこれを回避できたのって、今までの流れがあったからなんですよね。普通にしてたら、僕この集いに参加してましたもん。

 

不幸中の幸い

そして幸いなことに現在、妻と娘は実家に帰ってるんですよね。つまり物理的に僕と接触する機会がないんですよ!僕が発症してないからって、ノロを家に持ち帰らない保証はないんですよね。そう考えると、今浜松の家に二人がいないのはとてもラッキーだなぁって。幸いうちの会社では集いの後からおかしいと分かっていたので、参加者の隔離が進んでて、トイレの使用範囲の指定、食堂の使用時間や用具の限定が通達されて二次感染は起こってないです。

 

あー、でもマジでよかったー。一番避けるべきところはピンポイントで避けれてよかったー。そう考えると、夫婦げんかも案外無駄じゃないですね♪

 

絵でわかる食中毒の知識 (KS絵でわかるシリーズ)

絵でわかる食中毒の知識 (KS絵でわかるシリーズ)