読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊勢海老のロブ

カメラや家族、旅行と書いていく、日々の備忘録。

久々に家に帰ったら、ぽっかり穴があいてた。

どうも久々に家にに帰れたボブです。

布団で寝れる幸せをがっつり味わっております。
しかし、なんか変な感じもします。
 
家にいていいの?
 
実際僕が居なくても順調に生活してたわけで、はたして僕は家に居ていいんでしょうか?
結局以前となにも変わってないので、同じ問題がまた発生するのは目に見えてます。
どこかで歪みがでちゃうんではないの?
 
なんかしっくりしない
 
僕は一度決めたら、納得できないと次へ進めないタイプです。
何だか
「家に帰ってこれば?」
と言われて、なぜ帰ってこれたのかよくわかりません。
妻の話を聞いても、どういう心境の変化で許してもらえたのか分からないのです。
そもそも許してもらったのかもよくわかりません。
妻は本音で話してくれているんでしょうか?
そのせいもあって、何だか家ではよそよそしくしてしまいます。
出て行く前は、妻と子供と居ても楽しかったのですが、今はどうなのかよくわかりません。
これって、家に居てたのしいの?
幸せなの?
僕の居場所あるの?
 
みんなどうしてるの?
 
なんだかしばらく家にいない間に、娘はデカくなってるし、別に僕がいる意味はないんですよね。
急激に家族に対する愛着が消えたというか何というか。
若干の不信感みたいなものもあったり...。
また追い出されるのかと思うと、居心地もあんまり良くありません。
今まで通りの生活で大丈夫かなぁ...。
皆さんそんな経験はないでしょうか?
 

 

家族という病 (幻冬舎新書)

家族という病 (幻冬舎新書)

 
家族関係を考える (講談社現代新書)

家族関係を考える (講談社現代新書)

 
家族の哲学

家族の哲学

 
「家族」という名の孤独 (講談社+α文庫)

「家族」という名の孤独 (講談社+α文庫)